海外在住の場合の学資保険

admin post on 12月 26th, 2013

もし海外住在という場合には学資保険に加入することができるのでしょうか。どこの保険会社でも学資保険加入の際には日本での健康診査が必要であったり、本人や親権者と面談などが必要になりますので、日本で手続きをするのであれば加入できる場合があります。しかし貯蓄性の高い商品の場合には海外住在の場合には加入できないようになっているものもありますので、まずはその保険会社に聞いてみることが必要だといえるでしょう。しかし医療保険や生命保険などがセットになっている保証型のものの場合には加入がしやすいといわれていますので、できればそのような保険を中心に探してみると良いでしょう。あまり数は多くはありませんが、面談や健康診断を必要としないという保険も探すと見つけることができますので、そのような保険を探すようにしたいものです。

学資保険の一括払込について

どのような保険もそうですが、一度に支払いをすることによって保険料を安くすることができるようになります。これは学資保険の一括払込にかんしてもいえることですが保険料をトータルで安くしたいというのであれば良い方法です。しかし場合によっては貯蓄などの関係で、一度にすべての保険料を支払うというのは難しいということもあるでしょう。そのような場合には一年間分を一括で払う年払いや、半年分ごとに払う半年払いなどを選択することができます。すべてを一度で支払うよりかは割引率がは下がってしまいますが、それでも通常よりかは安くなりますので、保険料を安くしたい場合にはオススメできます。具体的な割引率に関しては商品や契約内容によっても違いがあるのですが、2割引きほどになるものも多いので、総合するとかなりの割引になるといえるでしょう。

財産分与の際の学資保険

のぞましいことではありませんが、夫婦によっては致し方なく別れてしまうこともあるでしょう。このような場合にはそれぞれの貯蓄や財産などを財産分与することになるのですが、学資保険にかんしてもその対象になります。学資保険に加入するさいには名義人というものを決めることになるのですが、多くの場合には夫の名前になっていることでしょう。その場合には名義人である夫がそのまま保険料を支払い続けることによって、将来保険金を受取ることができるようになります。しかし場合によっては経済状況の悪化によって保険料の支払いなどが滞り、保険を解約してしまうことになるかもしれません。その場合にはこれまで支払った保険料も損してしまうことにもなりかねませんので、できるだけ継続して保険料を支払うようにしたいものです。名義人を決めるさいにはこのような可能性にかんしても考えておくと良いかもしれません。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です


*

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <strike> <strong>

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)