学資保険が必要になるのはいつ?

admin post on 12月 26th, 2013

学資保険というのは毎月保険料を積み立てておき、満期やきまった時期に一定のまとまった金額をもらえるという保険になっているのですが、あらかじめ保険が必要になる時期を考えておく必要があります。まずこの点を考える点で重要になるのが、子供を私立に通わせたいのか公立に通わせたいのかという点になります。人によっては小学校から私立のエレベーター式の学校に通わせたいと思っている方もいるかもしれませんが、場合によっては中高は公立にしておき、大学だけ私立にするという方もいることでしょう。そのような場合には大学入学時にまとまった金額が必要になりますので、その時期を見越して学資保険の満期を決めておくと良いでしょう。この学資保険には祝い金といって、きまった時期に少しづつ保険金をもらえるものと、満期で一度にまとまった金額がもらえるものがあるので、どちらが良いのかを考えておきましょう。

学資保険で子供の怪我や病気に備える

学資保険というのは将来の学費などにそなえて積み立て貯蓄をするという保険商品になるのですが、最近のものでは生命保険や医療保険のような機能が付け加えられているものもあります。ではそのような保障で将来の怪我や病気に備えるという場合にはどのような点に注意できるのでしょうか。まずは公的医療保険についてあらかじめ考えておくのは良いことです。とくに日本の場合にはちいさな子供に関する保障は十分にそなわっていますので6歳以前であればほとんど医療費はかかりません。また6歳を超えたとしても自治体などによっては医療費などの補助がある場合もありますので、その点もあらかじめ聞いておくと安心できます。学資保険の場合にはこのような保障をつけてしまうと還元率が悪くなっていまい将来受け取れる金額が少なくなるので注意が必要です。

学資保険を安くするには

子供の将来のことを考えるのであれば学資保険に加入したいという親御さんは少なくありませんが、やはり気になるのが保険料になってしまいます。ではこの学資保険のための保険料を安くするにはどのような方法があるのでしょうか。まず挙げることができるのが兄弟割引制度などの割引きキャンペーンなどを利用するという方法です。この兄弟割引制度というのは、兄弟で同じ保険に加入することによって保険料が割引きになるというようなものですが、子供がたくさんいる場合にはとてもオススメできる制度になっています。続いて注目できるのが保険料の支払い方法に関してですが、どこの保険会社であっても一括保険支払いにすることで割引になりますので、まとまったお金があるのであればそうするとよいでしょう。あた保障や特約を保険につけないということでも節約することができます。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です


*

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <strike> <strong>

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)