どうして学資保険に加入するのか

admin post on 12月 26th, 2013

お子さんがいる親御さんが学資保険に加入する理由はいくつかあるのですが、そのひとつとして自分に万が一のことがあった時にも子供の学費などを保障したいという理由を挙げることができるでしょう。それぞれの学資保険によっても異なるのですが、保険契約者に万が一のことがあった場合には保険料の支払いが免除されるというものから、育英年金が被保険者へ給付されるというようなものもありますので、万が一の時のための保障を考えているのであれば、そのような保険を探すと良いでしょう。同様に医療保険のかわりとして加入される方もおられます。怪我や病気というのは子供にはよくあるものですが、そのようなさいに保障が得られるというのは大きな安心につながることでしょう。それぞれの保険において保障対象がきまっていますので、それを確認してから加入しましょう。

学資保険ではどれくらの保険金が必要?

学資保険を選ぶさいには、どのくらいのお金が将来必要になってくるのかを逆算して考えることが必要になります。しかしどれくらい教育で必要になるのかは、それぞれの家庭においてもかなりの差があります。例えば公立の学校であればそこまで費用はかかりませんが、小さいころから私立の学校に通うというのであればそれなりの費用が発生してしまうというわけです。それぞれの学校の学費というのもかなりの費用になってしまうのですが、私立の受験費用などを合算するとかなりの費用になることが予想されます。子供にどのような教育を受けさせたいのかをあらかじめ決めておくことによって、いくらくらいの保険金に設定するのかを考えておきましょう。学資保険の場合には将来もらえる金額を高くすれば高くするほど毎月の保険料というものも高くなりますので、毎月支払えるかどうかも考えておきましょう。

万が一のための学資保険

学資保険のなかには、将来のための積み立てという目的があるのですが、多くの保険商品ではそこに生命保険や医療保険的要素も付け加えています。わざわざ別の医療保険や生命保険に加入しなくても、そのような学資保険に加入しておけば良いので非常に便利だというのがメリットにもなっています。ではそのような学資保険に加入するというような場合にはどのような点に注意できるのでしょうか。まずあげられるのが契約者に万が一のことがあったさいの育英年金についてです。この年金額が高ければ高いほど保険料も高くなってしまいますので、自分の収入のバランスをみて考えることが必要です。また契約者に万が一のことがあった場合には保険料の支払いが免除されるという商品にしておくと安心できます。そして医療保険がついているものでしたら、1日にどれくらいの給付金が必要なのかをシュミレーションしておきましょう。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です


*

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <strike> <strong>

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)