子供が生まれたので学資保険に加入しました

admin post on 12月 20th, 2013

保険についてあまり知識のない私ですが、子供が生まれた時に、これらかのために学資保険には入っておいた方が良いと言われたので、加入しました。子どもには、できるだけ高い教育を受けさせてあげたいと思っており、そのためにはやはり資金が必要となります。幼稚園から大学まで進学させようと思えば、1000万円以上ものお金が必要となる計算になるのだということです。自分では、なかなか用意できそうにない金額です。なので、保険として毎月払う方が良いかなと思いました。学資保険の場合は、親にもしものことがあった場合は、保険料の支払いが免除され、保険料もきちんともらえるということなので、安心です。生まれたばかりの子供に、学資保険をかけるのはなんだか不思議な気もしますが、将来必ず役に立ってくれるはずなので、きちんと支払っていくつもりです。

子供三人に学資保険をしている友達

最近産婦人科でお友達になった方は28歳にして三人の子供がいて、更に今四人目を妊娠しています。私は初の子供なのでその方から色々と教えてもらったり、相談に乗ってもらっています。そして子供の為の学資保険についても教えてもらいました。私は今までにそんな事考えもしなかったので保険の重要性を学びました。彼女は三人の子供に保険を掛けており、将来の事を若いのによく考えています。そして次の子供にもちゃんと保険に入るそうです。ただ漠然と子供が出来る喜びしか考えてなかった自分に彼女は現実を教えてくれました。その日からインターネットで調べたり、母の知り合いの保険の方に聞いてもらい、何が自分達にとって良いのか見積もりを出してもらいました。一人の子供の学資保険を探すだけでも頭を使うのに、三人の子供の分は既に入っており、更にもう一人分入る余裕がある彼女の家庭を尊敬します。

様々なタイプの学資保険

娘が誕生し、母の援助を受けて、学資保険に加入することを決意しました。学資保険にもたくさんのタイプがあり、年払いのもの、月払いのもの、一括払いのものなど様々です。様々な時代の経済状況や保険会社により金利は変動します。娘が大きくなった時に経済状況が良くなったとしても、学校へ上がるための資金を急に用意することは、なかなか難しいと私は思います。義務教育である、小学校や中学校へ上がる時と比べ、高校や大学に上がる時にかかる資金は莫大なものです。そのような、学校や年齢のことも考え、自ら受け取れる資金を選択する保険もたくさん出てきています。また、学資保険という名前になっていますが、成人式や結婚のために積立をするタイプのものや、医療保険がプラスされたタイプのものなど様々で、それぞれの家庭のライフスタイルを考慮して加入することが可能です。

学資保険のメリット・デメリットを分かりやすくご説明、ご納得していただけるようにご紹介しております。学資保険の種類やプランなど多すぎで迷ってしまう方、選ぶときに気を付けなければいけないことなどをご紹介しています。お子様の教育資金の概算から、お客様のライフスタイルにぴったりの学資保険を提供いたします。お子様が22歳の時に解約した場合、生存祝金累計額120万、解約払戻金400万、保険料累計466万。学資保険を相談するなら

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です


*

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <strike> <strong>

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)